愛知県蒲郡市は、海・川・山に囲まれた自然豊かなまちです。

【愛知県蒲郡市への移住】まちの魅力や暮らしを解説

愛知県蒲郡市は、海・川・山に囲まれた自然豊かなまちです。また、三河湾で獲れた新鮮な魚介類がおいしく、自慢の食事処がたくさんあります。

子育てをしやすい環境整備も整っているため、家族連れで住みたいと思っている方にもおすすめです。

今回の記事では、蒲郡市役所 企画政策課の方にお話を伺いながら、蒲郡市の特徴、暮らしに関する情報について紹介していきます。

自然豊かで食のおいしい蒲郡市での移住を検討してみたいと思ったら、ぜひ市役所へご相談してみてください。

1. 移住検討者が知っておくべき蒲郡市の3つの特徴

それでは、移住検討者の方が知っておくべき蒲郡市の3つの特徴について解説していきます。特徴を理解したうえで、蒲郡市への移住した際のイメージを膨らませていきましょう。

1-1. 身近に海、山、川があり自然が豊か

まずは、身近に海・山・川があるため、自然豊かな環境であることです。南側は穏やかな波の三河湾があり、北側には緑の山々があります。

また、南北には川が流れているため、心地よいせせらぎを感じられることも魅力です。

無人島の三河大島では海水浴を楽しんだりできます。

都会のビルや人混みに疲れを感じており、自然と一緒に健康的に生活していきたいと考えている方にはおすすめの町です。

1-2. 新鮮で美味しい魚介が堪能できる

蒲郡市は、新鮮で美味しい魚介が堪能できることも特徴です。深海魚、アサリ、魚介・海鮮施設について紹介していきます。

海鮮系の食材や料理がお好きな方には非常におすすめの町です。

特徴を1つずつ掘り下げて説明します。

自慢の深海魚

「沖合底びき網漁船」という深海魚を獲る船(愛知県に4隻のみ)が蒲郡市の漁港に所属しているため、愛知県の90%以上の深海魚が水揚げされています。三河湾の豊富な栄養が流れ込む蒲郡の深海魚は脂の乗りがよく、とても美味しいです。

下記は、魚にうるさい蒲郡市の方々が選んだ深海魚10選となっています。

  • タカアシガニ
  • アカザエビ
  • タコ
  • 金目鯛
  • ふぐ
  • ワガ
  • メヒカリ
  • ガスエビ
  • ムツ
  • ニギス

深海魚ランチ食べ歩きMAPも紹介されているので、蒲郡での外食も期待できます。休日にお出かけがてらランチの食べ歩きをして気分転換をするのもおすすめです。
出典元:https://www.gamagori.jp/pdf/brochure/tabearukimap.pdf

アサリ

蒲郡は深海魚だけでなく、浅瀬で獲れるアサリも有名です。三河湾は、アサリの漁獲量が日本一で、身が大きく味が美味しいことで知られています。7つの潮干狩りの場所があり、特に天然記念物の竹島海岸には、多くの観光客が訪れて賑わいます。

蒲郡市へ移住することで、わざわざ遠出しなくても近場で潮干狩りを楽しむことが可能です。家族連れの方にとっては、「リーズナブルな価格」で「素敵な思い出」を作ることができる潮干狩りはおすすめなので、ぜひ体験してみてください。レジャーを楽しんだ後に、自分で獲ったアサリを「酒蒸し」や「バター焼き」など料理して食べると格別のおいしさです。

また、アサリを使ったご当地グルメ「ガマゴリうどん」は、濃厚なアサリ出汁が味わえ、過去に「全国ご当地うどんサミット」はじめ数々の全国大会で3度優勝した絶品うどんです。それぞれのお店で創意工夫が認められており、お店ごとに特色を生かした味を楽しめます。

魚介・海鮮施設

蒲郡市には、魚介・海鮮施設が豊富で、「蒲郡に来ると、みんな魚が大好きになる」というキャッチコピーが作られるほど海の幸に関する施設が多いです。「まちじゅう水族館」という、蒲郡市全体を水族館に見立てるデザインをしています。

お魚屋さんだけでなく、旅館、ホテル、飲食店、スーパーマーケットなどに「お魚紹介カード」を掲載することで、普段食べている魚の出身地や住まい(水深)、特技(食べ方)などを学ぶことが可能です。

お子さんと一緒にお魚紹介カードを探して、自分の好きな魚を見つけて楽しむのもおすすめです。

1-3. イベントが多く、身近で非日常感が味わえる

蒲郡市は、イベントが多いため、非日常感を味わいリフレッシュできることも特徴です。

毎年7月の土日には「蒲郡まつり」が開催され、日曜日の夜には目玉である納涼花火大会が開かれます。

その中でも太平洋岸最大級の「正三尺玉」は直径90cmと最も大きく、花火の直径は650mと東京スカイツリーよりも大きいです。

また、今から約300年程前の元禄時代から受け継がれる「三谷祭り」は、「山車(やま)」と呼ばれる美しく巨大な車4台を海に曳き入れる「海中渡御(かいちゅうとぎょ)」が最大の見どころです。海の中を山車が渡っていく光景は迫力いっぱいでまさに圧巻です。

ぜひ、伝統的なお祭りに興味がありましたら、カップルや家族連れで、または一人でしみじみとイベントを楽しんでみてください。

2. 蒲郡市の暮らしに関する情報

蒲郡市の暮らしに関する基本情報を下記表に記載しています。実際に移住を検討する際の参考にしていただければと思います。

人口78,140人(令和6年1月1日時点)
出典元:https://www.city.gamagori.lg.jp/unit/shimin/06jinko.html
面積56.92平方メートル
学校数26校・小学校:13校・中学校:7校・中高一貫校:1校・高等学校:3校・大学(短期大学):2校
気候温暖気候(冬場の積雪なし)8月の平均気温:27.4℃1月の平均気温:5.6℃※出展元:気象庁
医療施設数3施設
・蒲郡市民病院
・医療法人積善会 蒲郡東部病院
・医療法人北辰会蒲郡厚生館病院

地域一般診療所50施設
・内科系診療所:34
・外科系診療所:8
・小児科系診療所:12
・産婦人科系診療所:3
・皮膚科系診療所:7
・眼科系診療所:5
・耳鼻咽喉科系診療所:4
・精神科系診療所:3
出典元:https://jmap.jp/cities/detail/city/23214
交通アクセス【電車路線】
・JR東海道本線:三河大塚駅、三河三谷駅、蒲郡駅、三河塩津駅
・名鉄蒲郡線:蒲郡駅、蒲郡競艇場前駅、三河鹿島駅、形原駅、西浦駅

【バス】・名鉄バス・コミュニティバス

【アクセス】・電車で名古屋まで40分、豊橋まで10分・蒲郡ICの開通により車で安城まで20分刈谷まで30分
出典元:https://www.city.gamagori.lg.jp/site/profile/0208324.html
有効求人倍率0.81(令和4年度時点)
出典元:https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-hellowork/content/contents/001503264.pdf
保育所・幼稚園・保育園:16
・認定こども園:2
・幼稚園:2
出典元:https://www.city.gamagori.lg.jp/site/subsite-kosodate/hoikuen-ichiran.html
賃貸の家賃相場(築10年以内)・ワンルーム:3.73万円
・1K:3.95万円
・1LDK:5.24万円
・2LDK:5.63万円
・3LDK:6.14万円
出典元:https://www.homemate.co.jp/soba/pr-aichi/23214/

2-1. 名古屋まで電車で40分とアクセスが良い

蒲郡市は、名古屋まで電車で40分で到着できるためアクセスが良い点も魅力です。車でも、東名高速道路や国道23号バイパスを利用することで60分で名古屋に到着できます。

名古屋で、ライブやショッピングを楽しむ際にも不自由なく移動可能です。もちろん、東京や大阪へ旅行をする際も、片道2時間弱で移動できるため、疲労が溜まることなく快適な旅を楽しむことができます。

蒲郡市は、東京や大阪などへの旅行を短時間で快適にしたい方や、名古屋でのショッピングを楽しみたい方におすすめの町です。

2-2. 子育てがしやすい環境が整っている

蒲郡市は、子育てしやすい環境が整っているため、子育て世帯におすすめです。

下記に子育て施設の特徴をまとめています。

  • 蒲郡市内39か所の施設が赤ちゃんの駅として登録
  • 保育園の園庭は芝生が多い
  • 蒲郡市の児童クラブは公設公営

蒲郡市内39か所の施設が赤ちゃんの駅として登録

赤ちゃんの駅とは、誰でも自由におむつ交換や授乳、ミルクやお湯の提供ができるスペースのことです。

蒲郡市には39か所もの施設が赤ちゃんの駅として登録されているため、ちょっとしたお出かけの際に、わが子におむつ交換や授乳をすることができます。

まちや地域全体で赤ちゃんを守っていく・育てていくという精神が垣間見えるため、信頼できるポイントです。

「赤ちゃんのえき」というフラッグが目印となっていますので、ぜひ赤ちゃんのいるご家庭の方は移住した際に利用しましょう。

保育園の園庭は芝生が多い

蒲郡市の16か所ある保育園のうち7か所は芝生の園庭となっており、自然を満喫して遊ぶことができます。0〜2歳児のお子さんでもハイハイや手押し車で身体を動かすことが可能です。

また、もし転んでしまった際も芝生のクッションでダメージを最小限に抑えることができます。

芝生には子供の運動量を増やして外遊びの時間を長くする効果があると言われています。子供が自分で考え工夫して新しい遊びを考えたり、他の子供と連携して協力して遊ぶようになる可能性が高いです。

子供に豊かな心身と自然に慣れ親しむ良さを感じさせてあげたいのであれば、ぜひ、芝生がある保育園に通わせてあげることをおすすめします。

蒲郡市の児童クラブは公設公営

蒲郡市の児童クラブは、市が運営しているため、安全にお子さんを預けることができます。

小学1〜6年生までの児童の放課後の時間を見守り健全な育成を図ることができるため、共働きでお仕事をされているご夫婦におすすめです。空き状況に関しては、教育政策課までご連絡ください。

担当部署教育政策課
連絡先TEL:0533-66-1166
住所〒443-8601愛知県蒲郡市旭町17番1号

2-3. ラグーナテンボス、竹島ファンタジー館、水族館、温泉、海鮮市場などお出かけスポットが豊富

蒲郡市は、お出かけスポットが豊富で、多くの人々が訪れることで有名です。

下記にそれぞれのスポットを紹介していきます。

  • ラグーナテンボス
  • 竹島ファンタジー館
  • 温泉
  • 竹島水族館
  • 生命の海科学館
  • 蒲郡海鮮市場
  • 西浦魚市場
  • 魚々の里 とまりん(竹島ファンタジー館)

ラグーナテンボス

「ラグーナテンボス」は、テーマパーク(ラグナシア)、お花園、ショッピング&レストラン(フェスティバルマーケット)、温泉、ホテルなどがまとまった複合型施設です。夏にはプールが開かれるため、多くの人々が訪れます。

また、お花園はインスタ映えするため、おしゃれな写真を撮りたい方におすすめです。

冬にはイルミネーションも開催されるので、都会の人混みに疲れた方は、ラグーナテンボスで混雑のないまったりとした広い空間のイルミネーションを楽しめます。

蒲郡市のふるさと納税の返礼品として、ラグーナテンボスで利用できるチケットやチョイスPayなどもあるので、興味のある方はチェックしてみてください。

住所愛知県蒲郡市海陽町2-3
営業時間各施設によって異なるため、公式ホームページをご確認ください。
お問い合わせ先TEL:0570-097117 
(受付時間 9:00~16:00)
公式ホームページURLhttps://www.lagunatenbosch.co.jp/index.html

竹島ファンタジー館

「竹島ファンタジー館」は、5,500万個の貝と2万個の最新青色LEDによる幻想空間テーマパークです。4か所あるミニシアターを見ながら海底冒険をするファンタジックな世界観となっています。

プロジェクションマッピングや謎解きといった仕掛けが満載であることも魅力です。

そのほかにも、ハート型の鯉が恋占いをしてくれる新スポットや貝の絵馬に願いごとを書く「願貝(ねがい)絵馬」などがあります。

ぜひ、休日に足を運んでカップルや家族で楽しんでみてください。

住所〒443-0031蒲郡市竹島町28-14
営業時間9:00~17:00(季節により変動あり、最終入館1時間前まで)
定休日水曜(祝日の場合は翌平日)GW・お盆・年末年始期間については、公式サイトで詳細をご確認ください。
料金・一般1,000円
・シニア800円
・小中学生500円
・幼児300円
※ 料金は変更になる可能性がございますので、公式サイトで詳細をご確認ください。
お問い合わせ先0533-66-3888
駐車場あり 100台
公式ホームページURLhttp://www.fantasykan.jp/museum/

蒲郡温泉

「蒲郡温泉」は、蒲郡市の4つの温泉郷(ほかに三谷温泉、形原温泉、西浦温泉)の一つで東海地方随一の温泉地です。

海と山が近くにあるため、目の前に広がる自然を満喫しながら温泉に浸かることができます。

蒲郡のまちと三河湾を一望できるロケーションは日頃の疲れを癒す絶景です。

近くにはホテル竹島、蒲郡クラシックホテル(温泉はなし)、蒲郡ホテル、天の丸などがあり、お気に入りのホテルに宿泊して温泉を巡るのも楽しいです。

ホテル竹島

「ホテル竹島」は、島全体が天然記念物に指定されている竹島を一望できるリゾートホテルです。

露天風呂では、ガラス越しの三河湾とつながっているような一体感を感じられます。和食レストランでは、獲れたての食材を一流の料理人が調理した四季折々のメニューを堪能できます。

住所蒲郡市竹島町1番6号
問い合わせ先TEL:0533-69-1256
クーポン利用がまポンのご提示で、日帰り温泉を表示価格より3割引き(製込み)でご案内。出典元:https://www.gamagori.jp/spot/720/
駐車場あり
公式ホームページURLhttps://hotel-takeshima.co.jp

天の丸

「天の丸」は、天空のリゾートと称されるほど大自然の星空と夜景が素敵なホテルです。標高380mから眺める景色は絶景で、北は名古屋まで南は蒲郡市全体を一望できます。

日常の疲れを癒すこれ以上ない贅沢を提供する施設です。

家族の長寿祝い、結婚記念日、カップルでの記念日祝いなど、大切な人とのスペシャルなひとときを過ごすのに適しています。

住所額田郡幸田町大字荻字遠峰10
問い合わせ先TEL:0564-62-1751
アクセス「JR蒲郡駅」から無料送迎バスで約20分
駐車場あり
公式ホームページURLhttps://www.tennomaru.net

竹島水族館

「竹島水族館」は、日本で4番目に小さい水族館で、約500種類の魚を展示しています。土日祝日にはアシカショーも開催されるので、お子さんと一緒に楽しむことができます。

※現在リニューアルオープンに向けて工事&休館中 2024年3月31日まで

住所蒲郡市竹島町1−6
お問い合わせ先TEL:0533-68-2059 FAX:0533-68-3720
営業時間9:00〜17:00(最終入館は16:30)
定休日火曜日(祝日の場合は翌日)、年末
駐車場あり
公式ホームページURLhttp://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/

生命の海科学館

「生命の海科学館」は、蒲郡市の海やその生き物の生命の歴史について学ぶことができる施設です。

クーポンを利用することで、大人500円→300円、小学生・中学生は200円→100円で入場できるため、お得に楽しむことができます。

ぜひ、海や生き物について好奇心旺盛なお子さんと一緒に、遊びながら学ぶのがおすすめです。

住所蒲郡市港町17番17号
お問い合わせ先0533-66-1717
アクセス蒲郡駅南口から徒歩3分
営業時間9:00〜17:00
定休日毎週火曜日、12月29日から1月3日
(火曜日が祝日の場合は、その翌日が休館日。ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みなどは火曜日も開催)
駐車場あり
公式ホームページURLhttps://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/

蒲郡海鮮市場

「蒲郡海鮮市場」は、地元の新鮮な海鮮物とお土産が満載の施設です。その日に獲れた新鮮な魚介類が市場価格で販売されているため、美味しい具材を安く購入できます。

鮮度・品揃え・味の3拍子揃った市場なので、「今日の夕飯のおかずどうしようかな」と毎日の献立に悩む主婦の味方です。

住所蒲郡市拾石町浅岡47−1
お問い合わせ先0533-68-7879
営業時間平日:9:00〜15:00
土日祝:8:30〜16:00
定休日ホームページで掲載
駐車場あり 50台
公式ホームページURLhttps://www.g-kaisenichiba.com

西浦魚市場

「西浦魚市場」は、愛知県内屈指の魚介類が豊富な港で、水揚げされたばかりの新鮮な魚が揃っています。スーパーマーケットで購入するよりも、3〜4割安の低価格で販売しているためお得です。

たまには新鮮なお魚で料理を楽しみたいご家族の方におすすめします。

住所蒲郡市西浦町前浜6
お問い合わせ先0533-57-6155
営業時間5:00〜7:00、12:00〜16:00
定休日毎週日曜日・水曜日の午後
駐車場あり
公式ホームページURLhttp://gamagori-gyokyo.com/

魚々の里 とまりん(竹島ファンタジー館)

「魚々の里 とまりん」は、日本で唯一、生の深海魚丼が食べられる飲食店です。上記で紹介した、「竹島ファンタジー館」のお食事処として併設されています。

定食がおすすめですが、そのほかに磯焼きバーベキューもあります。ちょっと贅沢なランチをして、「何気ない日常に素敵な刺激」を与えましょう。

住所蒲郡市竹島町28-14
お問い合わせ先0533-66-3888
営業時間9:30~16:30ランチ10:30〜15:30(火曜日は〜14:00)
定休日水曜日
駐車場あり
公式ホームページURLhttp://www.fantasykan.jp/tomarine_menu/

蒲郡市に移住したいと思ったらぜひご相談を

今回の記事を読んで、蒲郡市へ移住してみたいと興味を持っていただけましたら、ぜひ下記の蒲郡市役所 企画政策課までご相談ください。

きっと、親身になって移住の相談・サポートをしてくれるはずです。

連絡先TEL:0533-66-1162(企画調整係)
担当部署蒲郡市役所 企画政策課
住所〒443-8601愛知県蒲郡市旭町17番1号
公式移住情報サイトいいじゃん蒲郡
https://www.city.gamagori.lg.jp/site/iijangamagori/

関連記事

  1. 【鹿児島県鹿屋市への移住】まちの魅力や暮らし、支援制度を解説

  2. 【静岡県森町への移住】まちの魅力や暮らし、支援制度を解説

  3. 【三重県東員町への移住】まちの魅力や暮らしを解説

  4. 【兵庫県相生市への移住】まちの魅力や暮らしを解説

  5. 【北海道室蘭市への移住】まちの魅力や暮らし、支援制度を解説

エリアから探す

特徴から探す